無題

母になった日
神々の手の中で
私もまた神になる


混沌を宿してはぐくみ
それから世界に光を与えた



世界は少しずつ
私のもとから遠くなる
また別の世界と手をつなぎ
さらに大きく
広がっていこうとしている


私はいつしか役目を終えて
一人静かに還るだろう

最後の呼吸で世界を眺め
別れの接吻を送るだろう



広がり続ける世界の果てで
私は小さな森になりたい
b0109178_23422694.jpg






森になろうか、花になろうか、歌がよいのか、空になろうか・・・・・

まだ迷っています。

by soraemori | 2010-06-08 23:39 | いつか昔に書いた詩